◇テリヤキ◇

ドーモ、あごるんです。
ロード・トゥ・ドラゴン がサービス終了するということで、
最期のキャラ語りをしたい。 
基本的に全キャラクター(ラストカットインのあるキャラ)について語りたいと思っている。
どんなキャラクターでも一文以上の感想と、
「終わりの道」でのラストカットインを用意する。


米 注 米  

ただし、おそらくこれが最期の機会になるので語り記事には

・物理グッズ(サントラ、ラフデザ、公式データブック、ノッベル)の情報
・根拠のない想像、個人的な妄想、忌憚なき意見の数々
・性癖

などが大いに含まれる。はっきり言ってキャラクターの「最終的な考察」には
成り得ないので注意してほしい。
このロードラというゲームの中で自分の視点で見たキャラクターを
ありのままに語ることになる。極々、個人的な感想だ。

ユニット画像・ストーリー画像については色々と事情があって貼らない。
ストーリーがわからない場合はWikiなどを参照して欲しい。


もしこれらの記事を見る方がいればその点に注意してほしい。
前置きは以上。
 
この記事では  禁書館 から

パプリカ
ガウェイン
ランスロット
ユリカ・リリィ
ヘウ・リスコー
ユウリカ
エウレカ
ユーリカ
ユリイカ


について。

・パプリカ
パプリカ
この世の全ての魔導書が集う「禁書館」。
そこに棲みついた一匹の蜘蛛は元々は人間であり、
蜘蛛になってからは糸を「日記」として紡いで暮らした。
その膨大な糸束こそがパプリカを生み出す魔導書となる。

ある日、蜘蛛の前にパプリカが現れる。パプリカは自らを
蜘蛛の糸から生み出されたと語り、蜘蛛を「主」と呼ぶ。
パプリカは元々人であった蜘蛛の体を取り戻すと言い、
蜘蛛もそれに応じるが、同時に蜘蛛の体は少しずつ動かなくなっていく……。


あごるん:明確に「禁書館」だと描写された場所にいるが、
パプリカのストーリーは独立している。蜘蛛は元々どんな人物だったのか?
なぜ蜘蛛の姿になったのか? 糸から生まれたパプリカはどのような目的を持つのか?
蜘蛛の体が動かなくなっていくのはパプリカのせいなのか?
実は全部わからない。

パプリカは
「私の毒にお気をつけください」
「焼け朽ちぬようご注意を」
と主に注意している。蜘蛛の体が動かなくなることはパプリカの毒のせい、とも
取れる。


二人がどうなったのかは不明だが、パプリカのアクセサリーには
「糸は燃え、逝く刻、彼女は静かに笑った」
とある。主である蜘蛛が逝く時なのか、パプリカ自身が逝く時なのかによって
パプリカの笑みの理由は変わってきそうだ。

パプリカbd60c64e

東の大地のノーマルクエスト、「名も無き書館」にて
「蜘蛛とドラゴン」が合わさったような姿のエネミーが出現。
059df0bb
「じあ……る……じあ…………る」と声を発しており、
そのまま読むと「あるじ」を繰り返しているように取れる。
顔の場所にあるのはパプリカの杖と同じ花、さらに
髪の毛のようなものが生えており……おそらくはこの竜は
パプリカの成れの果てだと思われる。

58bddcfe
ちなみに交戦後にヴォルフと呼ばれる黒い竜によって
踏みつけられていた。この竜はカインの使役する竜。
実は自分はノーマルクエストをプレイした際には連続戦闘だったため、
蜘蛛竜(パプリカ?)の皮の下に黒い竜が入っていたのだと勘違いしていた。

ドラ介は「次から次へと」と言っており、おそらくは
蜘蛛竜撃破後にヴォルフが現れた……という描写で合っていると思われる。


bd60c64e
パプリカと蜘蛛が住んでいたのは「禁書館」で間違いないが、
選ばれし者たちが踏み込んだ時点では既に朽ちており、誰も使っていない。
ユーリカはずっと王都近郊に潜んでいたはずだし、現在の書王である
ルカが使っていたor使っている、にしては朽ち過ぎている。

つまりこの禁書館は数多く打ち棄てられた、ループしていた「月世界」で
使われていた禁書館ではないかと思われる。


・ガウェイン
ガウェイン
書王であるユーリカを補佐する禁書館の司書の一人。
既に数千年もの間、ユーリカの世話を続けており何かとだらしのない
主に対しても敬意を払い、完璧な仕事で補佐を続けている。

その在り方は同じ司書の一人であるランスロットと
相反しており、半目し合う関係となっている。
第二災厄の際に選ばれし者を助けるために合流する予定だったが、
ランスロットが嫌がらせで進路を変えたことで合流出来ずじまいとなった。


あごるん:何かとランスロットに出番を奪われ続け、
結局は正規イベントでは一度も顔見せできないままサービスが終わってしまった。
ひどすぎる。

ガウェインランスロット
なんか高画質画像を並べたがランスロットがでかくて……
妙に可哀想なことになった。

G_L
D-Clubイベントでは少年の姿でランスロットと共に登場した。
これも様々な場所で書いてきたように思うが、
禁書館イベントでのランスロットはユーリカの身に何かあれば
自分たちにも「変化」が生じる、と発言している。

ガウェインやランスロットが小さな獣人の姿なのはユーリカの力であり、
本来の姿がまた別に存在し、それがD-Clubで見せたような人間に近い獣人態なのではないか。
ガウェインより以前に生み出したクロノにも獣耳があることから、
クロノとガウェインたちには共通点があるものと思われる。


・ランスロット
ランスロット
書王であるユーリカを補佐する禁書館の司書の一人。
既に数千年もの間、ユーリカの世話を続けているが
主や書に対しての敬意はなく、あくまで自分の仕事に対する誇りしか抱いていない。
主な仕事はペンの手入れであり、ペンの手入れにだけは拘りを持っている。

他の雑務は適当であり、禁書館イベントではランスロットのせいで
ジュエル兄弟、そしてラウルに禁書館への侵入を許した。
禁書館イベントでは焼け落ちる禁書館から選ばれし者を脱出させ、
いつでも駆けつけて助けることを約束している。


第二災厄において量産型悪食の襲撃に遭った選ばれし者を助けるために駆けつけ、
大災厄の遺産である亡霊と量産型悪食を食い止めることに一役買った。


あごるん:自己中心的であり禁書館イベントではその戦犯ぶりから
敵のスパイかと疑われていた。というかロードラは同行者が裏切る・発狂する
イベントが多すぎてユーザーが疑心暗鬼になってしまうのも致し方ない。

独善的ではあるものの良識は備えており、非道を重ねるジョエルや
亡霊を弄ぶ光の悪食に対しては怒りの感情を露わにしている。
ドジばかりで実力は不明だったが量産型悪食や亡霊と交戦出来ていることからすると
流石は禁書館司書といったところだろうか。

fc9c7b19
光の悪食戦において「禁書館第十三司書」という名乗りを上げている。
まあもはや言うまでもないだろうがガウェインやランスロットの名前の由来は円卓の騎士から。
第十三、と言っていることから司書の数も円卓の騎士と同じ数だけ存在するのかもしれない。

円卓の騎士の物語においてランスロットは「裏切りの騎士」とされ、
円卓の騎士を分裂させた存在として語られている。禁書館イベントで
敵のスパイと疑われたのも無理のない名前だった。


とはいえインタビューによるとロードラではキャラクターは有名な物語や童話、神話から
名前を取られていることが多くても、あくまでモチーフや響きだけの場合が多いらしい。
ユーザーの深読みだったわけだ。しかし、実際こいつは怪しかった。


・ユリカ・リリィ
ユリカリリィ
糸と針によって「書」を編む特性を持つ加工人。
主によって与えられた力は封印されるべき禁断の術であり、
世界に変化が訪れる刻。選ばれし者が現れるまで眠らされていた。


あごるん:英雄の書を力持つ形に変える特性。
つまりアクセサリー機能の導入のためのキャラクター。
それ以上の掘り下げはない。が、一応はユーリカシリーズである。
「主」と言うのもユーリカのことで間違いないだろう。

アクセサリー……も実装当時は嬉しかったがユニット数が増え続けて
実装が間に合わなくなったりと良い部分ばかりではなかった。
小さいとは言え一つ一つに公式絵のアイコンがついてるのは凄い。


実は少し悔やんでることがあって、自分はかなりロードラの画像を多く保存
している方だと思うのだがアクセサリーの画像は持っていない。
カットインとアクセサリー画像も集めようと思っていた時期があったが、
流石になんか頭とかおかしくなって死んだりするインシデントが起こりそうだったので
やめたのだ。でも少し悔やんでいる。まあ、今さらだな。


・ヘウ・リスコー
ヘウリスコー
「神の書」を巡る帝国とG.Sの戦いに現れた。
後に帝国基地へと侵入した選ばれし者とドーラが
間違った「選択肢」を選んだ場合、時を巻き戻して
正しい道を歩ませた。

魔導書によって英雄を呼び出す力を持つ謎の存在。


あごるん:初出はv1.7.0の帝国イベントなのだが、
ガイド台詞もATSもないのでヘウがどのような形で登場したのかは
不明のままである。とはいえ帝国関連のイベントでよく登場していることや、
G.Sなどのストーリーから推測するにその正体はおそらく「神の書」。

1ec4c30e6d161941c27c94b2bc766b7b

⇒ロードラ世界の考察① ロードラ世界の始まり
ちょろっとここでヘウの正体について考えている。

「神の書」ってなんだよ、という話を……せっかくだからするか。
「神の書」は砂漠に眠っていたある魔導書であり、
神々の使徒であるセト、イシスの兄妹の管理下にあった。
しかし帝国のナンバーズを釣り出したいG.Sによってセトとイシスは騙され、
同士討ちによって死亡。手薄になった「神の書」を奪うために
ナンバーズは現れ、G.Sとの戦争が開始……という流れだと思われる。


ヘウは帝国にも神々にも属していないにも関わらず関連イベントで登場している。
ヘウのアクセサリーは「世界の終わりから始まりまでを記した書」であり、
名前は「或る原書」。つまりヘウ自身が「神の書」だと考えられる。
ヘウ実装時から話題になっていたがヘウ・リスコーという言葉は
「エウレカ」あるいは「ユーリカ」とほぼ同義語。同じ闇杖であり関係があるのは
間違いない。とはいえ、エウレカ(ユーリカ)≠ヘウ・リスコーと自分は考えている。

ヘウはあくまでRTD世界の「設計書」であり、ヘウ自身が創造主なのではなく
ヘウを扱っていた者……つまりエウレカこそが創造主。
(ちなみにヘウはイベントで「愛しの彼女のため」と発言しており、
選ばれし者を導いていることから考えればユーリカのことを指していると思われる)


ヘウに明確な意志があるような描写はないが、間接的にとはいえユーリカを手助け
していることを考えると創造主よりもユーリカに寄っているのかもしれない。
ストーリー内での一人称は「私」だがカットインでは「僕」。
もしかしたらドラ助……つまり廻る刻を総べし者の大元はヘウなのかもしれない。



・エウレカ
・ユーリカ
・ユウリカ
・ユリイカ


については
⇒ロードラの考察③ 選ばれし者とロードラ世界の終わり
で。